古物商の資格・免許の取り方

サイトマップ

古物商の免許を取ってみませんか?

手っ取り早く、古物商の免許の取り方のイロハを知りたい方は、↓下記をぞうぞ。


kobu.gif

ネットーオークションで中古品売買に必須の古物商資格!
その免許の取得を教えるマニュアルは意外と少ないです。
本書はこれから古物商資格を取りたい方に最適な一冊です。

>>「古物商・質屋」の始め方・儲け方

リサイクルショップや古着店、ネットオークションなど、様々な中古ビジネスが人気となっています。

実店舗、無店舗のどちらでも古物を取り扱う場合は、古物商許可証という免許が必要になります。


中古ビジネスは誰でも開業することが可能ですし、副業としても成り立つビジネスです。

特にインターネットでのオークションは人気で、法人・個人問わずに利用できることから古物商業者も多数参加しています。


中古ビジネスの仕入れ先として、中古市場やインターネットでの通販での仕入れ、フリーマーケットなどがあります。

古物市場とは古物商許可証を取得している人が利用できる市場です。

安く、安定した仕入れが出来るため、利用している古物商業者も少なくありません。


当サイトでは、古物商許可証の取得方法から、開業・仕入れ・販売におけるポイントなどを解説していきます。


免許取得の流れ

古物商の資格は一般的な資格と違い、取得試験がありません。

欠格事由に該当しない限り、警察署に申請をすれば取得することが可能です。

個人と法人では提出する必要書類が異なります。

また、市役所で取得しておくべき書類もありますので、事前に確認しておきましょう。


  • 1)許可申請書 (※警察署)
  • 2)経歴書 (※警察署)
  • 3)誓約書 (※警察署)
  • 4)住民票 (※市役所)
  • 5)外国人登録証明書 
  • 6)身分証明書 (※市役所)
  • 7)会社定款の写し (法人)
  • 8)登記簿謄本 (法人)
  • 9)管理者名簿 (法人)
  • 10)営業所一覧 (法人)
  • 11)賃貸契約書の写し

中古ビジネスは13種類に分類されていますが、それぞれ資格が分かれているわけではなく、古物商許可証を取得していれば、法律で禁止されている物を除き、どの種類の商品でも扱えます。

ですので、この免許さえ持っておけば、幅広い物品を取り扱う事が可能です♪


・・・と言うところで古物商の資格・免許の取り方について、具体的なやり方を示そうと思いますが、
詳しい「古物商の申請方法」などについては、次の記事からどうぞ。


⇒続き:古物商の資格について」について


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。